まだまだ捨てたもんじゃない。日本にはこんなに良い人が居る。

人生初の冬季休暇を終え、また満員電車での億劫な毎日が始まった。
嫌な満員電車は約30分。
電車が遅れ、いつも以上に混雑している。
苦しいを通り越して、気持ち悪い。

数駅で目の前の席が空いた。
ラッキー、今日は座れた。
1週間に一度あるかないかの事に心の中でガッツポーズ。
立ちながらでは出来ない携帯ゲームで出勤前にひと遊び。
次の駅で男子高校生が乗り込み私の前に立った。
リュックを背負い、何だろうか、他にも大きなバッグを持っている。
男子高校生は携帯をいじっている。
ゲームをしているのか、SNSをしているのか。
電車の速度が変わった時、男子高校生はよろめき、倒れた。
すっと立ち上がる。
隣の女性の携帯が視界に入った。
LINEをしている。高校生が倒れた、携帯いじって油断してるからだと、誰かに報告している模様。
私も同感である。
吊革につかまらず、携帯を片手に油断してれば誰だって倒れる。
数分後、また男子高校生は倒れた。
電車に激しい揺れはない。
崩れ落ちるように倒れ、起き上がろうとしない。
いや起き上がれない。気を失いかけている。
私と隣に座っていた50代程の女性で声を掛ける。
大丈夫ですか?
手を握りながら繰り返す。
数秒後、返事をしながら起き上がる。
しかし、その脚に力はない。
私は席を譲り、次の駅で降りなさいと声を掛ける。
男子高校生の顔色は真っ白で歌舞伎役者がおしろいを塗っているかのようである。
後2駅なので大丈夫です。と男子高校生。
50代程の女性は男子高校生の大きなバッグを押さえながら優しく声を掛ける。
このバッグは楽器かな?
ブラスバンド部?
私の子供もブラスバンドやってたわよ。
重いのよね。
男子高校生の気を紛らわそうと、優しく声を掛けるが男子高校生は眼を閉じたまま。
女性が続けてこういった。
私の子供もよく電車で具合が悪くなって倒れてたわ。貧血気味でよく倒れちゃうのよね。

男子高校生はうっすら眼を開けて、口を開いた。
たまに具合悪くなるんです。
車内には男子高校生の降りる駅名がアナウンスされる。
50代程の女性が楽器の入った大きなバッグを持って一緒に降りる準備をする。
私は女性に声を掛けた。
次の駅で降りるんですか?
時間に余裕が有るので私が一緒に降りて、駅員さんに預けますので、大丈夫ですよ。
私の降りる駅はまだ先だが、このまま何かあっても後味が悪い。
何かの縁である。
しっかりと最後まで対応しよう。
そう思って声を掛けた。
すると別の若い女性が声を掛けて来た。
私はこの駅で降りるので、私が荷物を持って、駅員さんに伝えます。
私と50代程の女性はありがとうと伝え、若い女性に男子高校生を託した。
駅に到着し、出発する際に、駅員さんに声を掛けて、男子高校生と一緒にベンチに座り、バッグを支える女性の姿が見えた。
ほっと一息。

何が起きても見て見ぬふりをする事が多い昨今、面倒には関わりたくない。
これも本音だと思う。
しかし今日はまだまだ日本も捨てたもんじゃあない。
世の中はこうやって人と人が支えあって成り立っているだ。
そう実感した。

私の目的の駅に着く。
改札を出れば雲ひとつない青空だ。
何故かいつもより爽快な気分である。

さぁ、今日も1日頑張ろう。ミュゼ100円紹介

旦那のパパを見ていて想う、長寿のアプローチとは。

オンラインや雑誌では「どうすれば退化を防げるか?」「あなたも○○を食べて長寿決める!」「○○こそ、長寿の秘訣だった!」などの文があふれかえっていらっしゃる。

私も、いつまでも若くいたいとは思いますし、長寿したいなあと日毎思っているので、そんな文は思い切り掴むのですが…

「兼ね合いの良いご飯をとろう」「ファストフードをやめよう」「洋食より和食」「適度な動きを通常続けよう」「お酒は控え目に」などより好きなものを制限したり、動きが嫌いなのにしなければいけなかったりが多いのです。

そんな中、うちの義父はお酒はガバガバ呑むし、糖尿病魔なのにダイエットもせずにいますが、85才と長寿。

逆に、ご飯は総合手作りし(だしの素すら使わない)
健康にはいっぱい気をつけていた継母のほうが、ガンで
先に亡くなってしまったのです。

義父はたえず言っています。「あんたな、なんだかんだガマンしとったほうが緊張で早死に始めるわい。わしは、魅力やって死ねたら悔いは薄いわ!」

これこそ、長寿の秘訣なのかもしれません。義父みたいにしょっちゅうニコッして、食べたいものを食べて、総出と面白く生きたいものです!全身脱毛 選ぶポイント