カメルーンリーダーサッカースポーツマンが舞台中に亡くなった。

以前も、この書籍があったけど、普段から成長で攻撃因るだろうから、どこかでボディが絶叫をあげて仕舞うんだろうか。
元々潜在チックに病を抱えていたケースもあるだろうけど、契約時にメディカル計測を立ち向かう上記、そういった苦しみは少々抑制されるハズ。
普通に見比べ、子のうちから運動して鍛えているから心肺からくりは良いんだろうけど、個人によってそのからくりの上限って設定されているの?なんて見まがう。
その限界まで到達したら、からくりストップしちゃう、みたいな。僕自身、不整脈がもってあり、頻パルスがちで、身体が悪かった時なんて
もしも、ヒトに心悸数量の上限が設定されていたとしたら、あなたって確実に一般人より短く心悸数量を疲弊してるよな、なんて思ったりした。
こういうのってわからないよね、いざ。科学で明らかにはできないゾーン、人の神秘のゾーンだと想う。
亡くなったカメルーンエースには、ご所帯もおられるだろうし、支えも気違いも悲しんで掛かることと思われ、照れくさい気持ちになります。
合掌。キレイモ 脱毛